従来の引き戸といえば日本家屋に適しているというイメージがありますが、最近では洋風の家にも合うデザインのものも増えてきています。一般的な引き戸には、2枚の戸をスライドさせて開閉を行う引き違い戸や、1枚扉の方引き戸などがあります。引き違い戸の場合は、網戸がつけやすく、洋風の玄関にも対応することができます。方引き戸の場合には、引き違い戸など戸を2枚使用するものと比べて費用が安くつくというメリットや、開き戸を引き戸へリフォームしやすいという特徴もあります。また、引き戸の素材も断熱性に優れた木製や耐久性に優れているアルミ製などがあります。玄関前に十分なスペースがない場合におすすめの引き戸。引き戸を取り扱うメーカーはたくさんありますが、ライフスタイルに合わせて引き戸の素材や種類を選択することでより快適に生活することができるでしょう。

引き戸を選ぶ際に知っておきたいメリットとデメリット

狭いスペースに最適の引き戸には、主に引き違い戸と方引き戸、引き込み戸の3種類があります。一般的な引き戸は方引き戸が主流ですが、収納扉として使うことが多い引き違い戸も最近では多くなってきています。そんな引き戸は、開き戸のように可動域でスペースを取らず、開放感を出しやすいというメリットがあります。また、引き戸のように風で閉まることもなく風通しも良いという利点も挙げられます。他にも、子供や高齢者、体が不自由な方でも開け閉めしやすい引き戸ですが、デメリットも存在します。例えば、開き戸に比べ引き戸は気密性が低いため、隙間風が入りやすかったり、音が漏れやすいというデメリットがあります。また、開け閉めがしやすい引き戸ではありますが、開け閉めがしやすいことで小さな子供が指を挟みやすいという欠点もあるので、小さな子供がいる家庭では注意も必要です。

室内のドアを引き戸にリフォームする際に知っておきたい注意点

リフォームといえばキッチンやお風呂を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、近頃は室内のドアをリフォームする家庭も増えています。一般的にリビングをはじめトイレなどは開き戸であることが多いですが、高齢者や身体の不自由な方がいるケースはトイレなど日常的によく使う場所を引き戸にリフォームするのもおすすめです。引き戸は開口部を広く取る事ができるので、高齢者や車椅子を利用する方にとってとても利用しやすい扉となっています。また、風で扉が閉まるということもないので、換気もしやすいという利点もあります。しかし、引き戸は開き戸と比べて気密性が低いため、隙間風が入りやすく冬場は寒いという欠点があります。また、引き戸の場合は、小さな子供が誤って指を挟んでしまうこともあるので注意も必要です。