日本の建具の文化のひとつでもある引き戸ですが、和風の木造の建物の玄関ドアをイメージする人も多いでしょう。引き戸は最近ではスライディングドアとも言われています。英語になって、洋風の家に合うデザインが増えてきています。オーソドックスな引き戸だと、二枚の引き戸を左右にスライドさせるタイプのものですが、この引き戸を洋風のドアのようにすりガラスやステンドグラスを入れ込んだものにするだけで採光も確保できますし、洋風のお洒落な玄関になります。引き戸をアルミ製にすることで耐久性も増しますし、軽くなるので開閉も楽になります。そして、戸に大きな取っ手をつけたり、窓を付けたりすることで型開きドアのように見せることもできます。ライフスタイルと住宅の雰囲気に合わせたスタイルにアレンジできるのが現代の引き戸の特徴です。

引き戸にある多くのメリットとは一体どんなものか。

引き戸は、昔ながらの日本家屋に見られる玄関のドアですが、現代の洋風の家屋において引き戸を採用することで多くのメリットがあります。小さな子供がいる家庭では、開き戸の重いドアの開閉は大変ですので、引き戸にすると軽く開閉することができます。ベビーカーでの出入りも簡単にできますし、子供が三輪車や自転車で出入りする場合もドアを押し引きする必要がなく、左右に戸を移動させるだけなので不具合はありません。玄関の外側にスペースがない場合、開き戸のドアだとドアが動くスペースが必要になるので弊害が出ることがありますが、引き戸の場合は、戸が動く左右のスペースさえ確保できれば問題ありません。限られたスペースがある場合にはかなり便利です。引き戸は和風モダンなデザインや洋風デザインまで選択肢が多数あります。

引き戸にすることで機能性が高まる

家の第一印象は玄関で決まります。どんな玄関のドアであるかで、マイホームの印象が決まると考えりと、手を抜かずにどんな種類にするかを決めたいものです。おしゃれな引き戸の場合、場所を取らず、決められたスペースを効率的に使用して、採光も確保でき、安全性も手に入れられます。引き戸の場合、バリアフリーも考慮しているものがほとんどなので、ベビーカー・車いすも楽に通ることができます。引き戸を左右に開くためのハンドルも大型で握りやすく、操作もしやすいものにすることでお年寄りでも子供でも簡単に開け閉めができるのです。機能的には、高気密で高断熱、防犯性も兼ね備えたものが揃っています。カード型やリモコン型の鍵もつけられます。自分の自宅に合うのかどうか見極めるようにすることが大切です。